境界柱

境界柱とは?

境界柱(境界杭、または境界標とも言う)は、土地を守るために非常に重要な役割を果たしています。

不動産登記を行っていても、実際の地面に自分の土地であるという標がなければ、土地の売買や建物の増設がスムーズに進まないばかりか、境界をめぐるトラブルが起こる可能性が高くなります。

次に記す境界柱の意義を理解しておくことで、土地を守り、トラブルを回避することが可能となります。

◎土地トラブルを防ぐため

 土地をめぐるトラブルの多くは、隣の土地との境界がはっきりしないために起こっています。土地の管理には、境界線をはっきりさせる境界柱が不可欠です。

 

◎財産を守るため

 土地は、先祖代々引き継がれてきて、次の世代へと相続する財産です。土地の境界がはっきりしない場合、知らない間に財産が侵害されているかもしれません。

 

◎土地の売却をスムーズに進めるため

 土地を売却する場合、不動産の登記が行われているだけでは不十分です。測量図を作成し、境界柱を設置して初めて、土地の正確な把握となるのです。土地の売却を急ぐ場合、これらが不十分ですと、かなりの時間がかかってしまいます。

境界柱に大切なこと

境界柱は、土地にただ柱を打っておけば良いというものではありません。次の点に注意が必要です。

 

◎動かないこと!

 簡単に動いてしまっては、境界柱の意味がありません。移動してしまわないように設置しましょう。

 

◎長持ちすること!

 代々引き継ぐ土地であれば、数十年、百年以上は風雨に耐え、壊れないものが必要となります。

 

◎見やすいこと!

 境界柱がどこに打たれているのか分からないと意味がありません。視認性の高いものを設置しましょう。

境界柱なら、東和産業!

東和産業は、以上の条件を満たしたコンクリート製の境界柱の製造・販売を行っています。

コンクリート製の境界柱は、プラスチック製、木製、鉄製の製品よりも格段に丈夫で長持ち! 長い年月にわたり、土地財産を守ります。

コンクリート製境界柱のご用命は、ぜひとも東和産業へ!

品名規格(㎜)重量(㎏)
境界柱75×75×450

75×75×600

90×90×450

90×90×600

境界柱の模様

+   -

    ↗

    →

    Τ

品名規格(㎜)重量(㎏)
埼玉県境界杭120×120×900

120×120×600

アクセス案内

お知らせ

2017/02/24  - ホームページを開設しました。

2017/07/26 公共基準点用コンクリート 製造開始。

2018/09/3 羽子板付沓石、色々なサイズやってます。

2019/1/7 新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。お気軽にお問合せ下さい。

お問合せ・お見積り

製品やサービスについてのご不明な点、その他のご意見、ご質問がございましたら、お気軽にお問合せください。

お見積りも無料で承っています。

お問合せ:0494-78-0185

営業時間:8:00~17:00(土日祝を除く)

境界柱 納入実績

・秩父市 ・皆野町 ・県土整備事務所

・測量会社  ・建材屋